Katana

太刀 備州長船安元 刀剣チャンネル 038 日本刀 Japanese sword katana 2020/4/08

重要刀剣 太刀 備州長船安元
南北朝末期 備前 二尺三寸一分

長船安元は銘鑑上 康光門下として記されているが、現存作の確認出来ているものは本作を含めて稀有であり、詳らかでない部分の多い刀工である。
この太刀は板目に杢が交じりよくつんだ鍛えに地沸が微塵に厚くつき、地景が細かに入り、
映りが立ち、刃文は直刃を主調に互の目が交じり、足・葉が入り、小沸がよくつき、細かい砂流しがかかり、匂口が明るく冴える等の出来口を示している。

元先の幅差がついたその太刀姿は実に良時代を反映した姿となっている。
地刃共に健全で、他に遺例の少ない安元の作品であり、銘字の特色さと共に安元の作風を研究する上でも貴重な資料である。

#安元#yasumoto

Juyo Token ,Tachi .“Bishu Osafune Yasumoto”
Nagasa 69.9cm ,Sori 2.2cm
Circa: End period of Nambokucho

Nakago: Almost Ubu, tiny bit moved. Haagari Kurijiri,Hamachi side little longer.
File mark shallow Katte Sagari right hand side lowering file mark.
Boshi: Omote Midarekomi shallow Kaeri. Ura Sugu enterd Kaeri Komaru.

Sugata: Tachi, Shinogizukuri, Normal Mihaba(width) ,Medium size Boshi.
Mihaba: Usual Tachi style width.
Jigane: Very fine Koitame Hada, slightly flouring Mokume(wood grain skin),
Thick Nie, Utsuri fade in and out,Chikei, which Yakiire steams burst into Hada caused Chikei and Utsuri.
Hamon: Kogunome,Gunome,Togari(sharp point),Yo minitured focused fog.
Ashi very end of edge Chikei superficial glimmer very weak lightning kind of glimmering.

The sword text book listed not enough information about Yasumoto,consequently,
this Tachi necessary to research more of the times, then locate the instructor of his master of instructor.
Above all, this particular Tachi is absolutely very well made and no defects what so ever,
Yasumoto maintained thorough forging and temperature control of tempering technique form his devine acquired humanity.
At this point of view, this Tachi is surely enjoying to pleased work of art.

株式会社安東貿易がお送りする刀剣チャンネルが2019年4月スタート。
当社が取扱う様々な日本刀を動画でご紹介しています。
今後随時様々な日本刀動画を掲載して参ります。
日本古来の伝統工芸、美術品としての日本刀の素晴らしさをご覧ください。
チャンネル登録をぜひ宜しくお願いいたします。

株式会社 安東貿易ホームページ http://www.katana-ando.co.jp/

刀剣チャンネルで使用しているBGMは主に「H/MIX GALLERY」の
サイトより利用させて頂いております。
H/MIX GALLERY
http://www.hmix.net/music_gallery/image/asian.htm

Accorhotels.com (アコーホテルズ)
Translate »